Cynalytics

interesting future

Summary

テレワーク

更新日:

コロナウイルス拡大あたりから特に耳にすることが多くなったワードですよね。
telecommuting workの略となりまして、離れた場所で働く事をさします。
これは実は数年以上前から推進されており、総務省が推進する「働き方改革」の中の一旦として推進されてきました。

在宅ワークができるように

これまでの仕事と言えば、職場に出勤して行う物と決まっていました。
そして仕事はどんどんIT化がされ、本来就いた職業とはあまり関係の無さそうなPCスキルがどんどん求められるようになって行きました。
ただ、ネットワーク技術が普及して会議すらネットワーク越しにできるようになったときに、オフィスという場すら必要性が薄くなった昨今ではこのような働き方ができるようになったのです。

多種多様な新しい仕事の仕方

上記の様に職場に出勤して仕事をすると「決まっている」のではなく、自宅やカフェ等自分が落ち着ける場所で仕事ができる選択肢が増えました。これに伴って例えば仕事の為にわざわざ都心まで上京した方は地元へ帰るという選択も選ぶことができる様になるでしょう。

そうなれば都心の高い家賃を軽減できるといった「自分の生き方を選ぶ」ことができるのです。


自分にあったライフワーク

今後はそれだけではなく、例えば時間帯の枠組みも改善されていくかもしれません。

勿論PCでの仕事がメインの業種がメインとはなりますが
例えば昼間の時間帯に働きたい人。逆による働きたい人。

その日の気分で働く時間をある程度融通が利くといったような事も実現するかもしれません。


それぞれの生活に合う時間帯で働く事ができる様になる事でしょう。

働き手の確保が容易になる

地方に住んでいて、なかなか都心部までは出られないといった人も簡単に雇い入れる事が出来て貴重な労働力を得られる様になるでしょう。

今後は基本的にオフィスを持たない会社と言うのが増える事になると思います。


育児休暇中も働けるように

今は女性も働き手として活躍する社会へと変わっていきましたので、育休時の仕事ができるかどうかは生活にも大きな影響を及ぼします。

やはり安定した収入が無ければ子育てもままなりません。
特に女性の方は自身が入社する会社が今後そういった働き方ができるのかはしっかりと考えてから就職する必要がありますね。

BCP対策

Business continuity planningの略で日本語に訳すと事業継続計画となります。つまり、今回のコロナウイルスのような世界的な規模の疫病や災害の際にもなお事業が継続できる体制が整っているかという点です。

今回の例で挙げるなら、表題のテレワークができる仕組みが備わっている企業はコロナウイルスがはやり始めた時点で全社的にテレワークに移行すればかなりの率で従業員の感染を予防できるでしょう。

少なくとも、それを取り入れていない企業とはその事態が収束するまでの間は大きな差をつける事となりますし、何より人材を失わずに済むという最大の利点があります。

株価も上がる

当然、あらゆる事態を想定してそれに対応できる仕組みができている企業は、ちょっとやそっとでは事業継続困難という最悪の状態にはなりません。

そうなれば、市場も安定してその企業を評価してくれます。
その結果が株価に影響するでしょう。

デメリット

これだけメリットばかりを羅列しましたが、デメリットは無いのか?と気になる方もいらっしゃるでしょう。

実はこれ、従業員側には正直殆ど無いと言っても過言ではないです。
職場と家でオンオフができない、と言った声を上げる人もいますが
これは慣れれば何ということはありません。

あとは強いて言えば仕組み作りにコストがかかる事が挙げられますが
長い目で見れば人材の流出も防げるのでプラスになると捉えるべきです。

時代は経営側の努力を求めている

やはり従業員側からはこういった仕事の仕方と言うのは提案がし難いものです。経営者の皆さんはこの世界的災害を気に働き方、そして「働かせ方」を見直す時期が来たのでは無いでしょうか?

人手不足が騒がれている昨今、本気で取り組まなければならない課題としてみるべきではないでしょうか?


それでは、また。

-Summary

関連記事

GAFA

インターネットを使用しているとGAFAと言った言葉もよく目にすると思います。今回は今更聞きにくいこの言葉を簡単にまとめます。 Contents1 GAFAとは?2 プラットフォーマーが何故強いのか3 …

IoT

「IoT」という言葉が最近よく使われるようになりました。しかし、IoTの読み方や、「IoTって何?」と言われてピンと来ない方の為にできる限り分かりやすく記載していきます。 Contents1 Inte …

BATH

中国を代表する大企業4社。今回はこちらについてご紹介します。 Contents1 BATHとは2 Baidu3 Alibaba4 Tencent5 Huawei6 巨大企業もバックはやはり共産党 BA …

5G

5gという言葉を少し前からよく聞く様になったと思います。 そして、日本でも2020から導入が開始されるので非常に身近なワードになりましたね。今までが「4G」でこれから「5G」になる、そんな風になんとな …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。