Cynalytics

interesting future

5G Summary

5G

投稿日:

5gという言葉を少し前からよく聞く様になったと思います。
そして、日本でも2020から導入が開始されるので非常に身近なワードになりましたね。

今までが「4G」でこれから「5G」になる、そんな風になんとなくイメージはあるけど分からないという方もいらっしゃると思います。
今回はその5gに関して紹介します。

5Gとは

これは、5th Generation の略で、第5世代移動通信システムの事をさします。
今のスマートフォンが主流となる時代が第4世代 が4Gと言われているので
それが一つ上がった世代という事になります。

大きく変わること

様々な新技術により通信技術レベルが向上するわけですが、今回は大まかにまとめ、具体的な技術等は今後まとめていきたいと思います。

超信頼、超低遅延

伝送遅延は10分の1に

LTE、つまり今の4G通信においても、数十ミリ秒程度の低遅延を実現できています。

しかし、これからの通信技術の新時代に向けては、ネットワークを利用した遠隔操作で、例えば手術を行えるようにしたり、昨今話題の自動運転で利用される通信も車対車通信による事故回避を行うわけですが、通信速度が要となります。

より繊細な操作を行う為に微々たる遅延が命取りとなりえる操作ができる様に求められていきます。

つまり超低遅延かつ、それの信頼性が求められていきます。
これらを「エッジコンピューティング」という技術を駆使し
そういった1ミリ秒以下の伝送遅延の要求に応えられる仕組みが5Gで出来上がります。

高速・大容量化

通信速度は20倍

現在の様にPCやスマートフォンがメインの通信機器で、それ以外はあまり通信を行わないといった状態であれば、現在の基盤でも要求に応じることはできますが、上記のような遠隔操縦ができる医療ロボットであったり、車や様々なモノがネットワークにつながる事によるIoTによって
トラフィック(一定時間内ネットワーク上で伝送されるデータ量)の増加に対してはやはり不十分でした。

これらが「Massive MIMO」という技術と「ビームフォーミング」という技術で改善される事により実現可能となりました。

多数同時接続

同時接続台数は10倍以上

現在では例えばLIVE配信などでも人が増えるほど接続困難になったりする事が多々あります。
恐らく皆様も経験した事があるかもしれませんが、今のような動画程度であれば5Gでは一切なくなります。

今後予想されているのは、例えばVR技術を用いて家にいながら競技場やライブ会場にいるかのようにリアルタイムで見られるといった事が可能になるとされています。

これらは「ネットワークスライシング」や「グラントフリー」等の新技術で実現可能となりましたが、これによって新たに出されるサービスがどのようになるのか、本当に楽しみですね。

IoT

社会はどのように変わる?

上記の技術によって社会はどのように変わっていくでしょうか。

この5Gに至っては意見は大きく分かれます。
というのも、今までガラケー時代の3Gの終わり頃から4Gに切り替わった際は、スマートフォンと言う今でも使われている器が市場に出ていたため、その後通信速度が上がる事によって求められるであろうユーザーのニーズが予想できました。

しかし、4Gから5Gに切り替わろうとしている現在、その様な覇権を握るであろうデバイスは出てきていません。
その為、潜在的なユーザーのニーズというのがまだまだ未発掘であり、だからこそ5Gのポテンシャルは今だ底が見えていないのです。


娯楽が変わる

まず第一に娯楽が大きく変わるでしょう。
今では多くの人がスマートフォンを日がな眺めて動画を見たり
SNSで友人と繋がったりといった使い方が多いでしょう。

これらが伝送できるデータ量の増加によって
画面上で見るなら画質の超向上。

VR技術を使えばライブを見に行ったり、大迫力の映画が見れたり。
一緒に複数の友人とVR技術を用いたゲームが手軽にできたり
隣にいるかのように会話ができる様になったりといった
今の画面上の2Dだけの繋がりではなくなる事でしょう。
その際に今のVRゴーグルでは少し重いかもしれませんので、何か別のデバイスが出る事が期待できますね。

それが眼鏡なのか、あるいはコンタクトなのか既にいくつか候補は上がっていますが、どれが主流となるかは実際に5Gが一般化された後に出るデバイスで決まるでしょう。

場合によっては体にデバイスを埋め込む何て事もありえるかもしれないですね。

いずれにしても一般化されたデバイスを主軸とし、スマートフォンであればアプリのような発展がされていく様になるでしょう。

不随して仕事も変わる

娯楽が変われば当然、提供されるサービスの内容がどんどん変わってきます。
それによって我々の仕事も変わらざるを得なくなるでしょう。

例えば、今の様に事務処理を行う際はオフィスに出向いてパソコンで行うというのが今では当たり前ですが、通信技術の発展及びデバイスが変わってくればオフィスは完全になくなり、家にいながら仮想空間のオフィスで仕事、なんていうSFじみた世界に徐々に移行していくかもしれません。

そうなった場合、当然それらを使いこなす事が従業員には求められていく様になるでしょう。

勿論これらはあくまで予想ですが、技術的にこれらは確実にできる様になっていきます。

日本はIT化が遅れていると言われていますが、新時代では乗り遅れない様にしていきたいですね。

-5G, Summary

関連記事

5Gスマホ「Xperia 1 II」は買い?

先日シャープから国内初の5Gスマホが発表されましたが続いてソニーからも5Gスマホの発表がされました。 Contents1 そもそも5Gとは?2 性能2.1 ディスプレイ2.2 カメラ2.3 イヤホンジ …

IoT

「IoT」という言葉が最近よく使われるようになりました。しかし、IoTの読み方や、「IoTって何?」と言われてピンと来ない方の為にできる限り分かりやすく記載していきます。 Contents1 Inte …

テレワーク

コロナウイルス拡大あたりから特に耳にすることが多くなったワードですよね。 telecommuting workの略となりまして、離れた場所で働く事をさします。これは実は数年以上前から推進されており、総 …

BATH

中国を代表する大企業4社。今回はこちらについてご紹介します。 Contents1 BATHとは2 Baidu3 Alibaba4 Tencent5 Huawei6 巨大企業もバックはやはり共産党 BA …

GAFA

インターネットを使用しているとGAFAと言った言葉もよく目にすると思います。今回は今更聞きにくいこの言葉を簡単にまとめます。 Contents1 GAFAとは?2 プラットフォーマーが何故強いのか3 …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。