Cynalytics

interesting future

サンプルページ

これはサンプルページです。同じ位置に固定され、(多くのテーマでは) サイトナビゲーションメニューに含まれる点がブログ投稿とは異なります。まずは、サイト訪問者に対して自分のことを説明する自己紹介ページを作成するのが一般的です。たとえば以下のようなものです。

はじめまして。昼間はバイク便のメッセンジャーとして働いていますが、俳優志望でもあります。これは僕のサイトです。ロサンゼルスに住み、ジャックという名前のかわいい犬を飼っています。好きなものはピニャコラーダ、そして通り雨に濡れること。

または、このようなものです。

XYZ 小道具株式会社は1971年の創立以来、高品質の小道具を皆様にご提供させていただいています。ゴッサム・シティに所在する当社では2,000名以上の社員が働いており、様々な形で地域のコミュニティへ貢献しています。

新しく WordPress ユーザーになった方は、ダッシュボードへ行ってこのページを削除し、独自のコンテンツを含む新しいページを作成してください。それでは、お楽しみください !

  1. 新しいエクセルを作る
  2. 開発タブを開く
  3. デザインモードを選択
  4. 挿入⇒Active Xコントロールの左上『コマンドボックス(ActiveXコントロール)』をクリック
  5. 好きな場所にボタンを置きます。
  6. ボタンを右クリック⇒プロパティー
  7. (オブジェクト名)をcmdStartにする
  8. Captionをスタートにする(これは任意の名前で良いです)
  9. もう一つボタンを作り、(オブジェクト名)をcmdStopにする。Captionは任意の名前で良いです。

イメージ

f:id:gazooooo:20200819194541j:plain

広告

STEP3 マクロを作成

  1. Visual Basicをクリック
  2. Sheet1に以下のコマンドを入れるPrivate Sub cmdStart_Click()Dim x As Long
    For x = 1 To 1000000000
  3. Cells(7, 2) = “Running”
    Cells(1, 1).Select
    SendKeys “{down}”
    Application.Wait (Now + TimeValue(“0:00:03”))
    DoEvents
  4. Next x
  5. End Sub
  6. Private Sub cmdStop_Click()
  7. Cells(7, 2) = “Not Running”
    End
  8. End Sub
  9. ThisWorkbookに以下のコマンドを入れるPrivate Sub Workbook_Open()Cells(7, 2) = “Not Running”End Sub
  10. マクロ有効ブックで保存

完成

保存したら、一度開き直してください。

B7セルに”Not Running”と出ていたら読み込みは成功です。

Startを押して、B7セルが”Running”になりマウスアイコンがクルクル回るものになっていればマクロが動作開始しているという意味です。

停止するにはストップボタンを何回か連打してください。

f:id:gazooooo:20200819194724j:plain


Sub 日付編集()
Dim i As Long
Dim temp1 As String
For i = 1 To Rows.Count
If Range(“A” & i) = “” Then
Exit For
Else
If IsDate(Format(Range(“A” & i), “yyyy/mm/dd”)) = True Then
temp1 = Format(Range(“A” & i), “hh:mm:ss”)
Range(“A” & i) = temp1
Else
End If
End If
Next i
End Sub

======

<html>
<head>
    <meta charset="utf-8">
</head>
<body>
    <script type="text/javascript">
        function disp(){

        var wsh = new ActiveXObject("WScript.Shell");
        var url = location.pathname;
        var name = document.getElementById('name').value;
        
        url = url.replace("/C:",'C:');
console.log(url);

var bat = url.replace('html','bat');

console.log(bat);
var url = url.replace('form.html','');

console.log("cmd /C "+bat+" "+url+" "+"\""+name+"\"");



        wsh.run("C:\\Windows\\system32\\cmd\.exe /C "+ bat+ " "+url+" "+"\""+name+"\"");

     // IE10 のActiveXObject
/*
  if (window.ActiveXObject)
  {
    var WsShell = new ActiveXObject('WScript.Shell') 
    console.log("eeee");
    var wsh = new ActiveXObject("WScript.Shell");
	  var exec = wsh.Exec("cmd /C\\Windows\\System32\\cmd.exe dir");

    var url = location.pathname;
    var name = document.getElementById('name').value;
  	wsh.run("cmd /C \"C:\\Users\\USER\\Desktop\\form\.bat\"",url,name);
  }else{
  	console.log("IE以外");
  }

*/
/*
    console.log("");

      var fs = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");

      // text.txtという新規のファイルを作成
      var file = fs.CreateTextFile("text.txt");

      // texxt.txtファイルへ書き込み
      file.Write("Complete, written!");
*/
 }

 /*
var exec = require('child_process').exec;
exec('ls -l', function(err, stdout, stderr){
  if (err) { console.log(err); } 
});
 */
    </script>
<div style="height:200px;padding: auto;">
<form src ="form.bat" method="POST">	
	<input type="text" name="name" id ="name" placeholder="氏名" value="">
	<input type="button" onClick="disp()" value="ファイルを閲覧しました">

</form>

</div>
</body>
</html>
@echo off
echo %1
echo %2

echo %1 %2 > %1%2.txt
<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="CONTENT-TYPE" cont
ent="text/html; charset=utf-8" />
<title>Object Test</title>
</head>
<body>
<OBJECT DATA="./aaa.txt"TYPE="text/plain" WIDTH="100%" HEIGHT="100%"></OBJECT>
<OBJECT DATA="./bbb.txt"TYPE="text/plain" WIDTH="100%" HEIGHT="100%"></OBJECT>
Apr/17/2018<p>
</body>
</html>
    Option Explicit
    Dim I As Long
    Dim シート名 As String
    Dim gyo1 As Long
    Dim gyo2 As Long
    Dim temp1 As String
    Dim temp2 As String
Sub プルダウン設定()
    シート名 = ""
    ' シートを探す
    For I = 1 To ActiveWorkbook.Sheets.Count
        If Sheets(I).Range("B4") = "NO" And _
           Sheets(I).Range("C4") = "掲載日" And _
           Sheets(I).Range("D4") = "曜日" And _
           Sheets(I).Range("E4") = "担当者" And _
           Sheets(I).Range("F4") = "件名" And _
           Sheets(I).Range("G4") = "内容" Then
           シート名 = ActiveWorkbook.Sheets(I).Name
           Exit For
        End If
    
    Next I
    If シート名 = "" Then
       Exit Sub
    End If
    Sheets(I).Select
    temp1 = Cells(4, 8)
    For I = 9 To Columns.Count
        If Cells(4, I) = "" Then
           Exit For
        Else
           temp1 = temp1 & "," & Cells(4, I)
        End If

    Next I
    ActiveSheet.Unprotect
    Range("G1").Validation.Delete
    Range("G1").Validation.Add Type:=xlValidateList, Formula1:=temp1
    ActiveSheet.Protect
    Range("G1") = ""
End Sub
Private Sub auto_open()

    Call 全列表示
    Call プルダウン設定
End Sub

Sub NUM2ALPHA(Num, Alpha)
    Dim temp1 As String
    temp1 = Cells(1, Num).Address(ColumnAbsolute:=False) '○$○形式
    Alpha = Left(temp1, InStr(temp1, "$") - 1) '$より前がアルファベット
End Sub

Sub 全列表示()
    ActiveSheet.Unprotect
    gyo2 = 0
    On Error Resume Next
    gyo2 = ActiveSheet.Range("H4:XFD4").Find("", lookat:=xlWhole).Column
    On Error GoTo 0
    Call NUM2ALPHA(gyo2 - 1, temp2)
    Columns("H:" & temp2).Select
    Selection.EntireColumn.Hidden = False
    Range("G1").Select
    ActiveSheet.Protect
End Sub

投稿日:2020年2月2日 更新日:

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。