Cynalytics

interesting future

News Security

NECの社内サーバーに不正アクセス。防衛省関連ファイル約2万7000件。

更新日:

NECは1月31日に防衛事業部門で使っている社内サーバが、
2016年から第三者によるサイバー攻撃を受けていたと発表。





情報流出などの被害は確認されなかったとしている。

不正なアクセスはされたとの事であるが、実際にデータの流出までには至らなかったとの事。




マルウェアの見地システム等の導入により対策はされていた

ウィルスバスター等のエンドポイントだけでなく、挙動を検知するシステムも導入されており
不正アクセスに対して対策も講じていたが、検知までには至れず。
防衛事業部門で利用している他部門との情報共有用の社内サーバに保存された
27,445件のファイルに対して不正アクセスが行われていた事実が判明したようです。




再発防止に向けて一層セキュリティの強化を

当社はこれまでサイバー攻撃に対する様々な対策を講じてきましたが、攻撃への対応体制や重要情報管理、早期検知・対処の強化など、さらなる対策の強化を行い、より高度な攻撃への対応を図ることで、再発防止に取り組んでまいります。

NEC

とある、NECほどの先端企業であってもこのように不正アクセスをされてしまう。
圧倒的に攻撃者が有利なセキュリティにおいて今後の対応に注目ですね。

ちなみに現在の日本はIT後進国と言われています。
中でもとりわけセキュリティに関しては大きな後れを取っていると言ってもいいでしょう。
重要データがとられていないとは言え、5G等でさらにIT化が進んでいく中
その部門に特化した人材を育成していなければ先に不安は残りますね。

-News, Security


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

BATHが医療分野への取り組みを強化

CNBCによると中国版のGAFAと言われる大手4社。Baidu Alibaba Tencent Huaweiの4社が新型コロナウイルスの影響を受けて、以前記事でご紹介したロボットによる清掃や熱がある人 …

実は怖いカフェイン依存症

仕事前、休憩時間の一杯のコーヒーはこの上なく美味しいですよね。私も基本的には毎日仕事前や途中に飲んでいますが、ある時たまたま数日間飲まなかった日に激しい頭痛に苛まれました。今回は備忘録がてら記事として …

細菌兵器ともいわれるコロナウイルス テクノロジーで打破はできるのか?

世界的な話題ともなったコロナウイルス。あまりの感染力に細菌兵器との噂がある今回の件であるが医療現場でも活躍の幅を広げているAI等のテクノロジーはこの脅威でどのような動きをしているのでしょうか。 Con …

巨大IT企業の規制、来春にも実施か

 政府は18日の閣議で、巨大IT企業の規制を強化する新法案を決定した。 米国の巨大インターネット通販などに取引条件の開示を求め、出品企業や利用者を保護する。今国会に法案を提出し、2021年春の施行を目 …

AIが作り出したモデルが凄い!

引用元:本間ゴルフのウェブサイト Contents1 進化を遂げる画像技術2 最新のAI技術GAN 3 現在のGANの活用事例4 悪用される危険性も5 見破る技術も進化している6 結局技術は使う人次第 …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。