Cynalytics

interesting future

AI News

AIが作り出したモデルが凄い!

更新日:

引用元:本間ゴルフのウェブサイト

進化を遂げる画像技術

上の画像が何かわかるだろうか?
最初見たときはよくある海外モデルを起用した商品の紹介ページだと思ったが、これがすべてAIによって生成されたというのだから驚き。

AIが目や鼻、口元などを少しずつ変えながらCGで生み出していますが、ここまで来たら実在するしないの区別はつきませんね。

ちなみに、これには最新技術のGANという技術が用いられているのです。


最新のAI技術GAN

GAN: Generative Adversarial Network は敵対的生成ネットワークと呼ばれる手法で、大量のサンプルデータを学習させることで、学習結果を基に情報変換を行う手法です。

これは2つのAIが敵対的に画像を修正し人間が見ても不自然に感じないレベルの実物に近い画像が作られるようになるという手法で、ご覧の通りの精度となる。



現在のGANの活用事例

トップの画像のように、モデルの生成から始まり、なんと音声の生成も行われているという。
近いうちネット上で見かける人間が本当に存在する人間なのか分からなくなる時代が間近に迫ってきていると言うから期待もありますが、やはり少し怖い面もありますね。




悪用される危険性も

これらの生成技術は静止画だけではなく、動画としても活用できるため
フェイクニュースなどを作り出すことも可能だし
下手すれば、実在する人間が何か悪事を働いているシーンなどが作られてしまうかもしれません。
そうなった場合自らの無実を証明するのはかなり困難を極めるでしょう。








見破る技術も進化している

技術というのは面白いもので、何か新技術が出ると大抵はそれに対抗するものが現れます。
今回の場合は無いものをAIが作る技術ですが
それがフェイクかどうか抜く技術も確立しています。

国立情報学研究所(東京都千代田区)の山岸順一教授(メディア処理)らの研究グループが開発したAIは、フェイク動画に現れる特徴を学習させることで9割程度の精度で本物の映像とディープフェイクで作られた動画を区別できるそうです。





結局技術は使う人次第

どんな便利なものでも使い方ひとつで悪いものにも良いものにもなります。
今回の技術だって知らなければ動画を100%信用してしまうわけですし、 やはりどんな技術があるかを知っておく事が何より必要ですね。







-AI, News


  1. 匿名 より:

    どんどん進化してる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

BATHが医療分野への取り組みを強化

CNBCによると中国版のGAFAと言われる大手4社。Baidu Alibaba Tencent Huaweiの4社が新型コロナウイルスの影響を受けて、以前記事でご紹介したロボットによる清掃や熱がある人 …

person using macbook pro on white table

DX化の波

皆様コロナ禍の中どのようにお過ごしでしょうか 仕事柄様々な企業を見てきましたが、今では事業の在宅化もそれなりには進んできている様に感じていますがまだまだ実感できていない方も多いのではないでしょうか?近 …

実は怖いカフェイン依存症

仕事前、休憩時間の一杯のコーヒーはこの上なく美味しいですよね。私も基本的には毎日仕事前や途中に飲んでいますが、ある時たまたま数日間飲まなかった日に激しい頭痛に苛まれました。今回は備忘録がてら記事として …

医療崩壊対策の一手。人工呼吸器が3Dプリンターで作成される

3Dプリンターで不足する人工呼吸器を作成 新型コロナウイルスの感染拡大で世界中で不足する人工呼吸器を、3Dプリンターで製作するプロジェクトが動き始めました。広島大学の木阪智彦准教授は「非常に危機的な状 …

NECの社内サーバーに不正アクセス。防衛省関連ファイル約2万7000件。

NECは1月31日に防衛事業部門で使っている社内サーバが、 2016年から第三者によるサイバー攻撃を受けていたと発表。 情報流出などの被害は確認されなかったとしている。 不正なアクセスはされたとの事で …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。