Cynalytics

interesting future

News Security

MicrosoftがAndroidおよびiOSデバイス用のウイルス対策ソフトウェアを計画中。今年中にも提供開始か

投稿日:

昨今ではサイバー攻撃がさらに熾烈さを増しています。
皆様の大切な個人情報を守るためにはセキュリティに関しての情報を知ることが大事です。


今では持っていない人を探す方が難しいスマートフォンでのセキュリティに関して、Microsoftがセキュリティソフトの提供を開始するとの事です。


Microsoftのセキュリティソフト

人々は、Androidアプリの公式リポジトリであるGoogle Playの外部で見つけたアプリケーションをインストールすることで、Androidデバイスにマルウェアを許可することになります。

さらに、モバイルデバイスのユーザーはフィッシングの対象となる可能性があり、ハッカーは使用者がユーザー名とパスワードを入力し、資格情報をうっかり公開できる不正なインターフェイスを提供します。 Lefferts氏 によると、ディフェンダーは企業がこうした攻撃に対して従業員の脆弱性を軽減するのに役立つ可能性があるという。

CNBC

これはAndroidデバイスの使用ユーザーがインストールしたアプリケーションがマルウェアの可能性があるという点と

近年では巧妙なサイバー攻撃によってセキュリティ上問題が無くても、ユーザーを利用して情報を得るフィッシングなどの軽減になるという点です。



基本的にはiOS端末の方がセキュリティは強固

日本では殆どがiOS、つまりIphoneやIpadを購入する人が多いです。
その数なんと7割にもおよび、確かに回りを見ればiphoneやipadを使う人が多いです。

しかしながら、世界ではAndroid端末が主流となっており、多い国ではAndroidが8割強のシェア率を誇る国もあります。

ではそれらを踏まえて何故iOSのほうがセキュリティが強固と言えるのかを解説します。

使用率が高い方がセキュリティは不利

シェア率が高いというのはそれだけ色々な人が触れているという数値になりますので、攻撃者から見れば対象となるユーザーが多いという根拠になります。

つまり、Androidのセキュリティを突破できればより多くの情報を手に入れる事ができるので、iOSよりも標的になりやすいという点が挙げられます。


サードパーティ製のアプリケーションの取り扱い

日本ではiOSを使う人が多いので、ご存知の方も多いと思いますが、基本的にiOS端末はAppleStore以外からアプリケーションをインストールする事ができません。

脱獄といった方法でインストールを可能とする裏技のようなものがあったり
MacOSやWindowsOSの端末に「 AltServer 」をインストールし、それを経由してインストールを行うといった方法もありますが
基本的なユーザーはすべて上記のAppleStoreからのインストールで行ってます。

これはAppleが承認をしたアプリケーション以外をユーザーがインストールできないという仕組みの為、セキュリティがかなり高いレベルで担保されている分けです。
勿論上記の脱獄等の手段でインストールされたものに関しては当然自己責任となります。

Androidに関しては特に脱獄をしなくても自由にアプリケーションのインストールが可能となる為、iOSと比べてどうしてもセキュリティは落ちてしまいますが
自由度の高さも当然ユーザーが選ぶ基準にもなりますので
そういう点もシェア率にある程度影響を及ぼしているでしょう。


実際の性能の方はどうなのか

こればかりはまだ情報が無い為予測するのは非常に難しいと言えるでしょう。
現状でもトレンドマイクロのウィルスバスターやシマンテックのノートンアンチウィルス等もスマートフォンに対応しています。

既にあるPCのセキュリティソフトで性能を比較しても
トレンドマイクロ及びシマンテック製とMicrosoft製では大きな差がある訳ではありません。

ただ、現状話題になって居るストーカーアプリの検出が難しいと言われているものが、Microsoft製のセキュリティソフトで検出できるかは気になるところです。

提供が開始されれば間違いなく性能テストは行われるので、実際の所もチェックしていきたい所ですね。

-News, Security

関連記事

2段階認証が突破される、サイバー攻撃の新手口

2019年9月ごろから、Googleアカウントを狙ったフィッシング詐欺の被害が相次いでいます。その攻撃の矛先は不特定多数の一般人ではなく、動画投稿で収益を得る「YouTuber」(ユーチューバー)の人 …

BATHが医療分野への取り組みを強化

CNBCによると中国版のGAFAと言われる大手4社。Baidu Alibaba Tencent Huaweiの4社が新型コロナウイルスの影響を受けて、以前記事でご紹介したロボットによる清掃や熱がある人 …

医療崩壊対策の一手。人工呼吸器が3Dプリンターで作成される

3Dプリンターで不足する人工呼吸器を作成 新型コロナウイルスの感染拡大で世界中で不足する人工呼吸器を、3Dプリンターで製作するプロジェクトが動き始めました。広島大学の木阪智彦准教授は「非常に危機的な状 …

スマートフォンの販売台数が大幅下降

CNBCによると世界的な出荷数は年間38%減少して6180万台になり、スマートフォン市場でこれまでで最大の減少となったという事です。 Contents1 スマートフォンの出荷台数が急激に下落2 新型コ …

IphoneSE2 3月に発売?

iphoneのナンバリング外に在りながら一部に根強い人気があるIphoneSE。これの2が望まれ、噂が出ては消えてを繰り返していましたが、今回は割と確度が高そうです。しかしどうやらSEユーザーが望んで …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。