Cynalytics

interesting future

Mac News Security

Macが標的に?サイバー攻撃が前年比の400%以上増加

投稿日:

ウイルス対策ソフトウェア開発会社の米Malwarebytesは、2020年のマルウェアの調査結果を共有しました。

その内容は、Macに対するサイバー攻撃が激化しているといった内容でした。
Macは、各エンドポイントごとに検出された脅威数で初めてWindows PCを上回り、Windowsユーザーの5.8に対して、Macユーザーのエンドポイントごとに11という非常に多くの脅威を検出しました。
これは前年比で実に400%も増加しており、2018年の時点に検出された4.8の脅威から圧倒的に増加している事がわかります。

同社によれば、Malwarebytesを導入したMACユーザーの増加が数値の増加の起因の一つとしています。
実際に 1台につき年間で発見された脅威数を比較すれば
Mac環境の脅威報告数はWindowsを約2倍上回り、脅威遭遇率が高まっていると言わざるを得ません。

Macで発見されたものは、ほとんど脅威度は低いものだそうで、圧倒的な数検出された NewTabに関しては、潜伏性が高いとはいえアドウェアの一種で
ウェブ上の検索をリダイレクトして、最終的には不正な広告収入を得ることを目指しているため、実データに害が及ぶ確率は低いです。

とはいえ、これだけ増加した以上はサイバー犯罪者にとって狙いやすい標的になっていると推察できますね。
今後もこのように攻撃数が増加すればMacユーザーの方には無視できる問題ではなくなります。

これまでMacはWindowsに比べセキュリティは強固とされてきましたが
今後はWindowsと同様にセキュリティ対策に関しては見直しが必要になりそうです。


引用元:Malwarebytesのリポート ※こちらはPDFです

-Mac, News, Security

関連記事

巨大IT企業の規制、来春にも実施か

 政府は18日の閣議で、巨大IT企業の規制を強化する新法案を決定した。 米国の巨大インターネット通販などに取引条件の開示を求め、出品企業や利用者を保護する。今国会に法案を提出し、2021年春の施行を目 …

【まるでSF】中国では無人ロボットが街を徘徊

多数のコロナウイルス感染者を出し大きな打撃を負った中国。現在ではなんと町で無人清掃機が大活躍しているとの事。人が外に出られなくなった環境でロボットが徘徊する。SFのような光景が広がっている様です。 C …

NECの社内サーバーに不正アクセス。防衛省関連ファイル約2万7000件。

NECは1月31日に防衛事業部門で使っている社内サーバが、 2016年から第三者によるサイバー攻撃を受けていたと発表。 情報流出などの被害は確認されなかったとしている。 不正なアクセスはされたとの事で …

医療崩壊対策の一手。人工呼吸器が3Dプリンターで作成される

3Dプリンターで不足する人工呼吸器を作成 新型コロナウイルスの感染拡大で世界中で不足する人工呼吸器を、3Dプリンターで製作するプロジェクトが動き始めました。広島大学の木阪智彦准教授は「非常に危機的な状 …

新宿駅で最新の自動改札機がテスト運用

Contents1 実証実験を 2月から順次行うと発表。2 車椅子の方や子供でも使いやすい形3 実証実験は9月まで4 今後の改札機の進化は?5 要となるのはやはり通信技術6 来る5G 生活はより便利に …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。