Cynalytics

interesting future

News

DX化の波

更新日:

皆様コロナ禍の中どのようにお過ごしでしょうか

仕事柄様々な企業を見てきましたが、今では事業の在宅化も
それなりには進んできている様に感じていますが

まだまだ実感できていない方も多いのではないでしょうか?
近頃では国も「DX化」と言う言葉を使うようになり
実際にご相談いただくもので

「うちもDXしたいんですよ」
「うちも在宅にしたいんだよね」

という声はいただきます。
しかし、具体的にどうしたらいいかが分からないという方が非常に多いようです。

私自身はコロナ禍になる前から在宅ワークや今でいうDXを推進していましたので
そういった知見は多少ながら社会に貢献ができていると感じています。

今回はまず最初にやるべき事は何かを一部お伝えします。

そもそもDXとは?

DXとは(Digital Transformation / デジタルトランスフォーメーション)
の略になりまして

「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させること」
が元々の定義となります。

しかし、昨今日本で使われるようになった定義として、よりビジネス的な観点からみた
「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること」
と定義しております。

上記から、DX=IT化だ、在宅化だ
というのは安易ではありますが
やはり多くの企業でまず第一歩として考えているのが「在宅推進」であるのは事実です。

その為、当記事ではまずは「在宅化」に絞った取り組みをご紹介します。

ワークフローを見る

ある業務を在宅化したいと言うのであれば
当然ながらそれが社外に持ち込んでも大丈夫な物かを、まずは見る必要があります。

ここでいう、社外に持ち込んでも大丈夫な物というのは
コンプライアンスやセキュリティ等の部分は一旦度外視して

「そもそもPCだけで作業ができる内容か?」
これを見る必要があります。


在宅化の障壁を洗い出す

ワークフローを見た中で、仮に在宅化が難しいという結論になった際に
何が在宅化における障壁になるのだろうか?
これを洗い出す必要があります。
仮に運送業であれば、配達員をリモートなんて無理でしょう?
となるのは当然の帰結となりますが、では障壁部分は何かと考えた時
「荷物をお客様の下に届けられないから」
という部分が障壁になると思います。

勿論今の日本では難しいという結論に行きつきますが
ご自身のお仕事であれば将来について考える必要がありますから
10年先を考えれば、過去の記事

中国の現状で5g時代の先が見える

にてご紹介した様に、無人化あるいは遠隔操作が可能になる可能性が高いので
そういった所にアンテナを張って置く事も必要です。

現在の技術の大枠を知る

次に、現在提供されている技術でできる範囲を知る必要があります。
上記の遠隔化等は日本の通信インフラでは現状厳しいのが事実です。

現時点で業務をDX化する際に
例えば文字の転記作業を事務の方がやっていて
それが会社でないとできないというのであれば
「OCR」という技術でPCに読み込ませる事ができて
事務の方の作業負荷を減らすことが出来ます。
と言ったように業務内容をPCのみで行える技術があるか大枠でいいので知って置く必要があります。

セキュリティの問題

技術的に問題がない場合、次に考えなければならないのは
当然セキュリティとなります。
在宅化にできる業務であったとしてもセキュリティに問題があれば
運用を開始することはできません。
こちらに関しては状況に応じても違うので、もし仮にどうしたらいいか迷っている場合は
メールでご相談いただけるとお役立ちできるかもしれません。

生産性の確認

最後に、在宅化できる業務で技術的にもセキュリティ的にも問題なかったとしても
生産性が落ちてしまうのであれば意味がありません。
本当の意味の「働き方改革」や「DX」というのはIT化や在宅化がゴールではなく
そこからいかに生産性を向上させるかが最も大事な所になります。
運用テストしながら向上させていく必要がある為
即応性は期待できないですが、根気よく仕組みを変えていく必要があります。


私もいくつかご相談いただく中で、期間こそ長くかかってしまったが
最終的には元の業務より生産性が向上した例も多くあります。
もしどうやったらいいか分からない場合はメールでご相談ください。

それでは、また。


-News

関連記事

NatWestが指紋で支払いが出来るキーフォブをテスト中

CNBC にて、少し興味をひった記事がありましたのでご紹介します。日本でもキャッシュレスが進行する中、イギリス銀行の NatWest がキーフォブで指紋認証ができるデバイスでの支払いのテストしているそ …

【まるでSF】中国では無人ロボットが街を徘徊

多数のコロナウイルス感染者を出し大きな打撃を負った中国。現在ではなんと町で無人清掃機が大活躍しているとの事。人が外に出られなくなった環境でロボットが徘徊する。SFのような光景が広がっている様です。 C …

中国の現状で5G時代の先が見える

以前ご紹介したSFのような都市に変わりつつある中国。今回の新型コロナの影響で大きく変化を遂げようとしている世界ですが、中国は一歩先に5G時代で予想されていたスマートシティ化しようとしています。 Con …

Macが標的に?サイバー攻撃が前年比の400%以上増加

ウイルス対策ソフトウェア開発会社の米Malwarebytesは、2020年のマルウェアの調査結果を共有しました。その内容は、Macに対するサイバー攻撃が激化しているといった内容でした。Macは、各エン …

医療崩壊対策の一手。人工呼吸器が3Dプリンターで作成される

3Dプリンターで不足する人工呼吸器を作成 新型コロナウイルスの感染拡大で世界中で不足する人工呼吸器を、3Dプリンターで製作するプロジェクトが動き始めました。広島大学の木阪智彦准教授は「非常に危機的な状 …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。