Cynalytics

interesting future

5G News smartphone

5Gスマホ「Xperia 1 II」は買い?

投稿日:

先日シャープから国内初の5Gスマホが発表されましたが
続いてソニーからも5Gスマホの発表がされました。

そもそも5Gとは?

これは次世代の通信規格で、5GのGは「Generation」の略になります。
つまり、5Generation、第5世代の通信規格となります。

現在の第4世代と比べて圧倒的な通信速度と安定性を実現した規格となり、日本では今年2020年から段階を経て導入されていきます。

5Gの具体的な内容に関しては別記事にてまとめさせていただきます。

性能

ディスプレイ

まずはディスプレイ。
こちらは有機ELを採用。
6.5インチの4Kハイダイナミックレンジ(HDR)ディスプレイが搭載されているとの事で、かなりの大画面です。

イメージとしてはiphone11をより縦長にしたといった形となります。

カメラ


カメラに関してはトリプルレンズカメラが採用。
1200万画素×3 という事であるが、正直最近のスマホはどれも凄まじい画質である為あまり大きな差は実感できないかも知れないですね。

イヤホンジャックが復活

こちらも熱望する方も多い機能の一つであるイヤホンジャック。
昨今はBluetoothイヤホンが台頭していますが

やはり有線と比べると音質が悪かったり、ノイズが発生する事もある為、評価は分かれてしまうところもありましたので
イヤホンジャックがあるモデルを希望している方には朗報ですね。

5Gの対応は?

やはり今回の目玉はこちら。
5G対応のモデムは、6GHz以下の周波数帯であるSub-6のみを対応として、ミリ波による通信には非対応となっている様です。

高周波数帯を利用するこの「ミリ波」は非常に制御が難しい為
基盤の方が安定するまではSub-6をメインとします。
勿論現在使われている4G、LTEは変わらず使える為イメージとしては今までより一歩先に進んだスマートフォンという認識でいいでしょう。

5Gは受け皿であるスマートフォンだけが対応しても意味は成さないものではあるが、今年から段階を経て日本では5Gのサービスが提供され始めてきます。

基盤ができ始めればさらにこのスマートフォンの真価が発揮されるでしょう。

総評

性能的には申し分ないですが、現状すぐに買いかどうかは難しい所だと思います。
個人的にはまだ見送りという判断をしましたが、例えば上記のイヤホンジャックモデルの最新機種が希望であったり、大画面に高画質のカメラが希望であれば非常にマッチした端末となるでしょう。

それでは、また。

-5G, News, smartphone

関連記事

BATH

中国を代表する大企業4社。今回はこちらについてご紹介します。 Contents1 BATHとは2 Baidu3 Alibaba4 Tencent5 Huawei6 巨大企業もバックはやはり共産党 BA …

【まるでSF】中国では無人ロボットが街を徘徊

多数のコロナウイルス感染者を出し大きな打撃を負った中国。現在ではなんと町で無人清掃機が大活躍しているとの事。人が外に出られなくなった環境でロボットが徘徊する。SFのような光景が広がっている様です。 C …

中国の現状で5G時代の先が見える

以前ご紹介したSFのような都市に変わりつつある中国。今回の新型コロナの影響で大きく変化を遂げようとしている世界ですが、中国は一歩先に5G時代で予想されていたスマートシティ化しようとしています。 Con …

NECの社内サーバーに不正アクセス。防衛省関連ファイル約2万7000件。

NECは1月31日に防衛事業部門で使っている社内サーバが、 2016年から第三者によるサイバー攻撃を受けていたと発表。 情報流出などの被害は確認されなかったとしている。 不正なアクセスはされたとの事で …

NatWestが指紋で支払いが出来るキーフォブをテスト中

CNBC にて、少し興味をひった記事がありましたのでご紹介します。日本でもキャッシュレスが進行する中、イギリス銀行の NatWest がキーフォブで指紋認証ができるデバイスでの支払いのテストしているそ …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。