Cynalytics

interesting future

health News

医療崩壊対策の一手。人工呼吸器が3Dプリンターで作成される

投稿日:

3Dプリンターで不足する人工呼吸器を作成

新型コロナウイルスの感染拡大で世界中で不足する人工呼吸器を、3Dプリンターで製作するプロジェクトが動き始めました。

広島大学の木阪智彦准教授は「非常に危機的な状況を迎える前に、これを患者さんに届けたいと、私自身は思っております」と話しました。

広島大学などが始めたプロジェクトは、3Dプリンターの人工呼吸器の製図データを必要とする国や地域に無償で提供し、作ってもらおうというものです。

新型コロナウイルスの世界的な流行にともない、イタリアなどでは人工呼吸器の不足が深刻になっていますが、3Dプリンターなら、およそ8時間で製作できるということです。

日本やアメリカでは特許を取得していて、今後、実用化に向けた認証手続きや国や地域との技術連携などに取り組むということです。

引用元: https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/home_tv/region/home_tv-20200327031012?fm=topics


未だに衰える事を知らない新型コロナ。
日本は比較的感染が緩やかな方ですが、海外の様にやはり医療崩壊の懸念があります。

暗い世界情勢に少し明るいニュースが来ましたね。
この様に技術の粋を集めたデータを無償で提供するというのは中々できる事ではありません。
勿論あくまでも簡易型にはなってしまいますので
純正品には及ばないでしょうが、今後の3Dプリンタの発展にもつながるのではないでしょうか?

-health, News

関連記事

スマートフォンの販売台数が大幅下降

CNBCによると世界的な出荷数は年間38%減少して6180万台になり、スマートフォン市場でこれまでで最大の減少となったという事です。 Contents1 スマートフォンの出荷台数が急激に下落2 新型コ …

AIが作り出したモデルが凄い!

引用元:本間ゴルフのウェブサイト Contents1 進化を遂げる画像技術2 最新のAI技術GAN 3 現在のGANの活用事例4 悪用される危険性も5 見破る技術も進化している6 結局技術は使う人次第 …

NatWestが指紋で支払いが出来るキーフォブをテスト中

CNBC にて、少し興味をひった記事がありましたのでご紹介します。日本でもキャッシュレスが進行する中、イギリス銀行の NatWest がキーフォブで指紋認証ができるデバイスでの支払いのテストしているそ …

【まるでSF】中国では無人ロボットが街を徘徊

多数のコロナウイルス感染者を出し大きな打撃を負った中国。現在ではなんと町で無人清掃機が大活躍しているとの事。人が外に出られなくなった環境でロボットが徘徊する。SFのような光景が広がっている様です。 C …

BATHが医療分野への取り組みを強化

CNBCによると中国版のGAFAと言われる大手4社。Baidu Alibaba Tencent Huaweiの4社が新型コロナウイルスの影響を受けて、以前記事でご紹介したロボットによる清掃や熱がある人 …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。