Cynalytics

interesting future

IoT News Security

NatWestが指紋で支払いが出来るキーフォブをテスト中

投稿日:

CNBC にて、少し興味をひった記事がありましたのでご紹介します。

日本でもキャッシュレスが進行する中、イギリス銀行の NatWest が
キーフォブで指紋認証ができるデバイスでの支払いのテストしているそうです。

出典:CNBC

これまで生体認証を活用した支払いは無かった。

今までイギリスでは生体認証を使っての支払いは普及していませんでした。
指紋などの個人データがどのように保存されているかに関する消費者のプライバシーの懸念によるものだそうですが
利用者の利便性及びセキュリティ向上を目的として導入する運びとなった様です。

生体認証は万能薬ではない

指紋や顔認証を駆使した生体認証というのは、確かにかなりの高いセキュリティをマークできます。

しかし、同時に 開発されるとすぐに、それらを破壊する方法もハッカーによって研究されてしまいます。

仕組み上それを行うのが簡単ではないのはもちろんですが、銀行というのは信用がすべてですから、気が付いたらお金が取られていた、では成り立ちません。
いたちごっこではありますがシステムは日々進化する必要があるでしょう。

日本で怖いのはやはり〇〇詐欺

日本でも3大メガバンクが2018年からAWSを利用したクラウド化を進めていますが、日本の場合ですとシステムが破壊され、お金というデータが抜き取られてしまうといった事よりは、今でも一定の被害が報告されている
〇〇詐欺(オレオレ詐欺等)でしょう。

今ではかなり多種巧妙化しており、例えば還付金が~等新しい手法が日々出てきております。
自分の身を守るために詐欺の手口は知って置く必要がありますが
こういった新技術が出た際はまたそれを絡めた詐欺が出回る可能性もありますので皆様も常に気を付ける様に心掛けてください。

それでは、また。

-IoT, News, Security

関連記事

細菌兵器ともいわれるコロナウイルス テクノロジーで打破はできるのか?

世界的な話題ともなったコロナウイルス。あまりの感染力に細菌兵器との噂がある今回の件であるが医療現場でも活躍の幅を広げているAI等のテクノロジーはこの脅威でどのような動きをしているのでしょうか。 Con …

MicrosoftがAndroidおよびiOSデバイス用のウイルス対策ソフトウェアを計画中。今年中にも提供開始か

昨今ではサイバー攻撃がさらに熾烈さを増しています。皆様の大切な個人情報を守るためにはセキュリティに関しての情報を知ることが大事です。今では持っていない人を探す方が難しいスマートフォンでのセキュリティに …

IphoneSE2 3月に発売?

iphoneのナンバリング外に在りながら一部に根強い人気があるIphoneSE。これの2が望まれ、噂が出ては消えてを繰り返していましたが、今回は割と確度が高そうです。しかしどうやらSEユーザーが望んで …

BATHが医療分野への取り組みを強化

CNBCによると中国版のGAFAと言われる大手4社。Baidu Alibaba Tencent Huaweiの4社が新型コロナウイルスの影響を受けて、以前記事でご紹介したロボットによる清掃や熱がある人 …

【まるでSF】中国では無人ロボットが街を徘徊

多数のコロナウイルス感染者を出し大きな打撃を負った中国。現在ではなんと町で無人清掃機が大活躍しているとの事。人が外に出られなくなった環境でロボットが徘徊する。SFのような光景が広がっている様です。 C …

Profile


Yosy

エンジニアとして働き技術を身に着けてから某グローバル企業の営業として活動。
それらの経験を生かしてITコンサルタントとして従事。

その後独立し、培ったノウハウを元に
新技術や企業の取り組み等のデータを収集、分析しクライアントの業態に合わせた提案するサイバーアナリスト
Cynalyst(サイナリスト)として活動中。